個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校・大桐校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

大学入学共通テスト(国語)

どーも!!

 

 

松村です!!

 

うだるような暑さ……

路面でミミズが干からびているのを見ると、

夏が来たなと、そう感じます。

しかし、異常な暑さ。

熱中症にはくれぐれもお気をつけください!!

 

 

先日、東京大学が英語の民間検定について、一度全て白紙に戻した、というニュースがありました。

 

結構、二転三転してますよね。

 

使うって言ったり、使わないって言ったり……。

 

結局は、一度白紙に戻してもう一度検討するという形に。

 

今の高2生までは、現行のセンター試験。

今の高1生からは、新しい大学入学共通テストです。

 

そこで、今回は再確認を兼ねて、

国語のテストがどう変わるのか、ご紹介したいと思います。

 

記述問題の出題!!

 

最も大きい変化はコレでしょう。

現行のセンターテストはマークのみ。

 

しかし、共通テストでは数学と国語に記述が導入されます。

 

記述問題に関しては、問題例など発表されていません。

 

しかし、調査でどのようなテーマで出題したかは分かります。

 

・記述式の大問1問を試験時間30分で実施。 ○記述式は、40字1問、120字1問、50字1問を出題

・ 実用的な文章(公文書、契約書)、統計資料、評論文(自然科 学分野)、会話文及びそれらの組合せなど、従来の大学入試セン ター試験にはないパターンの題材を選定。

 

以上のテーマで大学1年生約400名を対象に行ったそうです。

 

 

実際の共通テストはどうなるのか。

 

先の調査を踏まえた結果、どのようなテストになる可能性があるのだろうか。

マーク式のほうはモデル問題が公表されています。

マークシートモデル問題

 

そして、記述問題はどうなるのか。

 

文部科学省は以下のように発表しています。

 

記述式の問題数と時間のバランスについて、例えば、 80~120字程度1問程度、40字程度2問程度、計3問程度を出題し、解答時間に必 要な時間としては約20分程度を想定し、試験時間全体では100分程度に設定すること などが適当と考えられる。

 

ポイントは時間!

 

↑の文部科学省の案の中で、

「80~120字程度1問程度、40字程度2問程度、計3問程度を出題し、解答時間に必 要な時間としては約20分程度」

とあります。

 

これが非常に気になるところ。

そもそも記述問題が3問も出る!!

そして、20分を想定!!

 

恐らく、慣れていない子は書けないでしょうね。

 

とはいえ、まだ2年ありますから。

この2年で当たり前に記述問題を解ける力を身につける。

そういったトレーニングと、その習慣をつけてあげることが大切ではないでしょうか。

 

 

松村でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です