個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

アンガ-マネジメント

 

灼熱の日々の再来!

暑い!!

桜塾のMAEDAです(・∀・)

 

16978313_196768838_1large[1]

何年前の写真でしょう。

夏期講習の打ち上げBBQ。

棒を持っているのは我らが松村Tです。若い…

 

今日は保護者の方にも気をつけてみてほしい、

最近話題の「アンガ-マネジメント」のおはなし。

Anger=怒り、Management=管理

自分がどんなときに怒っているか、

原因や特徴、癖などを分析し、

「怒らない」のではなく、

自分の感情と上手く付き合っていく方法を学ぶというもの。

 

どういうポイントで自分が怒っているか、

案外、考えたことがない人が多くいます。

最近ではアンガ-マネジメントゲームというものもあり、

今度スタッフでやってみよう、と思っています。

アンガ-マネジメントゲームについてはこちら。

 

さて、特に子どもに対してはついつい怒ってしまう、

そんな保護者の方もいらっしゃるでしょうから、

普段より一緒に過ごす時間が長いかもしれない夏休みだからこそ、

自身のアンガ-マネジメント、やってみてはいかがでしょう。

 

今日のブログでは怒るときのポイントを4つご紹介します。

 

何に怒っているかを共有する

これ、我を忘れて怒っているときにはできませんが、笑

怒っている相手に、「なぜ自分が怒っているか」、

しっかり伝えることが必要です。

私もよく生徒に言っていました。

 

「宿題をしなかったとか、遅刻したこと自体に怒ってるんじゃないねん。

宿題とか遅刻は結果、自分に跳ね返ってくるだけや。

そんなことはどうでもいい。

先生とした約束を破ったということに怒ってんねん。」

 

人に怒らず事実に怒る

レベルの低いケンカでは、

事実ではなく人を怒ります。

「おまえはダメだ」「そういう性格だから」

こういった人に向けた怒りは、

落ちこませたり人格を否定したりすることはあっても

次からこうしようという前向きな姿勢は生まれません。

人ではなく、やってしまった行為・起きた事実に怒りましょう。

そして未来に繋がる発言をしよう。

 

気分で怒っていないか考える

色々なことが積み重なっていると、

平常時ならば怒らないことにも怒ってしまいます。

怒った後に「つい言いすぎてしまったな」というときありますよね。

こう思えるときは大体、気分的なものが乗っかっています。

それを振り返ることもまたアンガ-マネジメントなのです。

 

怒りの矛先を過去に向けない

ときどき、いませんか。

怒っている途中、思いだしたかのように

過去の話をする人。

「今それ言う?!」

と思わずツッコんでしまいたくなる場面。

これは最もやってはいけないことだと思います。

まあ、沸々と怒りが溜まっていて、

ついに爆発、ということもあるでしょう。

でも、全く関係ない話を蒸し返す怒り方はそれとは別。

そこから、

「いつも」「また」「絶対」という言い方で

まくしたてるのも、人格否定につながりかねません。

 

以上の4つ、子どもとの関係においても

少し気をつけるだけで変化があるポイントではないでしょうか。

やはりまずは、相手との関係性をいかに構築するか、

ここが怒りという感情に向かったときに

自分がどう反応するかを考えることにもなると思います。

 

今日もブログにお越しいただきありがとうございます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です