個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

苦海浄土

 

コンバンハ★

まもなく日が変わろうとしている本日20日。

桜塾のMAEDAです(・∀・)

 

十日前のニュースで、石牟礼道子さんの訃報を聞きました。

同じ九州、長崎で生まれ育った私の海を挟んで向かいにある熊本の作家で、

日本が高度経済成長期にある副産物として生まれた公害の一つ、

「水俣病」の現実を書いたノンフィクション小説です。

 

DVpMQPiVAAAwZ0f

ここで知識補足のため水俣病についても少し述べておきます。

 

1950年、今から70年ほど遡った当時は高度経済成長期と呼ばれ、

会社が物をたくさんつくり、人々が買えるようになった時代でした。

政府は日本の経済が大きくなるよう努力しましたが、

一方で自然環境を守ることは後回しにされ、

汚れた水や煙が人々の健康を損なう「公害病」が相次ぎました。

58年に水俣病の原因がわかった後も9年間、

工場は汚れた水を流し、政府も止めずに被害が広がりました。

 

同じ時期に、阿賀野川が流れる新潟県で新潟水俣病が起きました。

四日市ぜんそく(三重県)、イタイイタイ病(富山県)とあわせて

「四大公害病」といいます。小学校でも習いますね。

 

その他、こちらのサイトがわかりやすいかと思います。

水俣病について知っておいてほしいこと

一般社団法人 水俣病センター相思社のサイトより

 

そんな時代に石牟礼さんは、水俣病で苦しむ患者さんたちに寄り添い、

1969年に上記の「苦海浄土(くがいじょうど)」を通じてこの問題を告発し、

その後の水俣病を始めとした反公害運動の口火を切った方です。

国語の教科書にもこの話が載ったこともあります。

日本で唯一ノーベル文学賞に近い作家とも言われていました。

 

 

嫁に来て三年もたたんうちに、こげん奇病になってしもた。

うちは、もういっぺん、元の体になろうごたるばい。

親さまに、働いて食えといただいた体じゃもね。

 

うちは情けなか。

箸も握れん、茶碗もかかえられん、

口もがくがく震えのくる。

付添いさんが食べさしてくらすが、そりゃ大ごとばい・・・

 

「おとろしか。・・・人間じゃなかごたる死に方したばい、

さつきは。・・・これが自分が産んだ娘じゃろかと思うようになりました。

犬か猫のしにぎわのごたった。ふくいく肥えた娘でしたて。・・・ 」

 

 

文章を読んで泣きそうになる、ということはここしばらくありませんでしたが、

日本の良心・宝とも言える彼女の訃報を聞いて改めて、自分も読み直してみるとともに、

各スタッフにも一読し、また生徒たちにもすすめたいと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です