個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

近代化=西洋化

どーも!!

 

 

松村です!!

 

 

昨日は箕面・上新庄合同で、

 

「高3生向け現代文重要ワード・テーマ講座」

 

 

を行いました!!

 

 

 

現代文を読む際、

 

 

まぁ文章全般ですが、

 

 

言葉の意味を詳しく、正確に捉えて、

 

 

読んでいるか?

 

 

と問われたら、受験生の大半は

 

 

言葉に詰まると思います。

 

 

そこで今回の講座の開講に至ったわけです。

 

 

 

 

例えば、

 

 

「対象」という言葉があります。

 

 

~才対象だとか子供向けのお菓子などに記載されています。

 

 

ではこの対象という言葉についてどこまでの知識を持っているか。

 

 

「客体と同じ意味であり、主体(自分)に対する相手」

 

などと答えることが出来ればオッケーです!

 

 

では「対象化」はどうでしょう?

 

 

「対象化とは、物事を主体(自分)から切り離し、対象(客体)として捉えなおすこと」

 

 

こう答えれば完璧です!

 

 

ここまで受験生は答えることができません。

 

 

なんとなくでしか意味を理解していないからです!

 

 

さらにここからテーマにも派生します。

 

 

これが現代文でも頻出のテーマなのですが、

 

 

近代化=西洋化!

 

 

昔から人類は自然の一部として考えられてきました。

 

 

しかし、産業革命が起こり、科学が発達すると、

 

 

主体である人類から、自然を切り離してしまいます。

 

 

自然の対象化です。

 

 

そして、自然を支配しようとする。

 

 

これが近代化です。

 

 

これらは西洋で発生しました。

 

 

日本を含む東洋では人は自然の一部という考えが一般的でした。

 

 

しかし、西洋の影響を受け近代化する=西洋化するわけです。

 

 

対象という言葉から近代化まで考えが及ぶこと。

 

 

これがとても大切なのです!

 

 

 

たかが言葉、されど言葉。

 

 

現代文は軽く見られがちですが、

 

 

とても深いものです。

 

 

 

 

 

お盆休みも本格的に始まりましたが、

 

 

気を抜かず、このお盆でやるべきことを明確にし、

 

 

実行してほしいと思います!!

 

 

松村でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です