個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

説明文と論説文の違い

 

 

最近、眞岡先生の天然ぶりが常軌を逸して来ています。

 

先日も、

 

「生徒の気持ちを理解しようと思ってポケモンGOをインストールしたんですけど、始めても全然ポケモンが出て来なくて・・・

 

よく見たら、ポケモンGOGOGOっていう偽アプリでした。」

 

 

丈夫でしょうか眞岡先生。

 

大丈夫でしょうか関西大学。笑

 

 

 

さて、夏期講習が始まりました。

 

今回は9年間で最もコマ数が多い講習となっています。

 

塾を開けるのは昼からですが、初っ端は高校生、小学生、次いで中学生、夜の部は中学生と高校生、そんな感じで目まぐるしく生徒たちが入れ替わったり、ずっと通してやっている子たちがいたり、チーム2016桜塾もワイワイガヤガヤと楽しくやっています。

 

 

 

今日はそんな中、中学生の国語の時間のお話。

 

 

テキストに「説明文と論説文の違い」って書いてあるけど、これわからない人~?

 

 

大体上がる手。(-ω-)/

 

 

・・・・。え?

 

危ない、危ない。

確かに、桜塾でも、小学生から国語の講座を受けていなければ、いつ教えてくれるんですかっていう話です。

 

多くの学校や塾では教えてくれない、または「どこかできっと習う(習った)でしょう。」とそのままに進んでしまいかねないですね

 

それゆえ、もしかしたら、多くの高校生、それ以上の人たちも知らないことかもしれません。

 

 

ここらでしっかり押さえておきましょう。

 

 

 

説明文と論説文の違い!

 

 

説明文とは、その名の通り、ある事柄や事象などについて説明した文章であり、筆者の主観は一切入ってきません。

 

例えば、わかりやすいのが何かの「説明書」。

 

 

ですので小学校3~4年生くらいまでを対象とした文章に多く、逆それ以上の学年になると、そこから一歩踏み込み、その事象について筆者がどのように感じたか「主観」、またはそこから筆者が思う「主張」が含まれる文、すなわち論説文が多くなります。

 

入試問題に登場するのは、ほとんどが論説文ですね。

別名、評論文、とも言います。

 

この理由は簡単で、論説文を読み解くためには、なぜそう思うのか、すなわち筆者の主観や主張のための根拠が必ず書かれており、必ずそれが筆者のイイタイコトに繋がるからです。

 

 

ポケモンが流行っている(出来事)

 

つまり

 

子どもたちの話題の中心となっている(言い換え)

 

だから

 

ポケモンをやっておいた方がよい(主張1)

 

しかし

 

偽アプリをインストールしてしまった(出来事2)

 

結果として

 

ポケモンもできず、生徒からも笑われて悲しかった(主観1)

 

こういう流れとなるわけです。

 

話がそれましたが、説明文と論説文の違い、でした!!

 

それではまた!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です