個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

質問できないのはなぜか

どーも!!

 

 

松村です!!

 

 

最近、高校生の古典の質問が多くなりました。

 

非常に良いことです。

 

常に生徒には伝えていることですが、

 

「とにかく質問をすること」

 

を伝えています。

 

「でも何を質問したら良いかわからない。」

 

そういう声も頂きます。

 

そのときには、それすらも言いに来るように伝えます。

 

 

質問とは、対話の一つである!

 

 

これに尽きると思っています。

 

そもそも生徒の主体性や積極性に任せて、質問を講師が待つ状況が駄目!

 

普段からコミュニケーションをとっていれば、会話の中で、自然と質問がなされていきます。

 

そして、講師と生徒の間にどこか壁がある。

 

これらが質問できない理由のほとんどでしょう。

 

 

でも講師も超能力者ではない!

 

とはいえ、我々も超能力者ではないので、全てをこちらから拾えるわけではありません。

 

一見、先ほどの話と矛盾するように思われますが、

 

そうではありません。

 

・講師側は「待ち」というスタンスは駄目。

・生徒とコミュニケーションをとっていれば、質問しやすい空気は作れるし、会話の中で疑問などを拾うことができやすい。

 

というだけであって、やはりその中で生徒側からの動きがあると、より取りこぼしもなく、より成長にも繋がりやすい。

 

 

そこまで話しかける?っていうくらい私は話しかけますし、

授業に直接関係ない話もします。

 

しかし、そうすることで関係性が築けていけば、

80分の授業1回よりも価値のある1つの質問を生み出すことができます!

( 極論ですけどね(^^; )

 

そうなれば、成長の加速度は大きく変化します!

 

講師はもちろん、生徒の皆も積極的に!

 

これが理想の形です。

 

しかし、一朝一夕でできないのも事実。

 

結局のところ、日々の積み重ねが何事も大切なのです!

塾側としてもちろん、保護者の方々にも懇々と言い続けていただきたいと思います。

 

松村でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です