個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校・大桐校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

無神論者

どーも!!

 

 

松村です!!

 

 

今日は現代文にてよく取り上げられるテーマについて書きたいと思います。

 

 

現代文の文章によく出題される文化論。

その多くは、西洋と東洋(日本)の対比。

さらに、その多くは日本人の自然観などをテーマにしている。

 

その中でも、よく取り上げられるのが、

「日本人は無神論者なのか。」

というテーマ。

 

 

結論から言うと、違います。

 

日本人の宗教観、自然観というのは、

神道に代表される八百万の神という考え方。

全てのものに神様が宿ると考えられてきました。

無意識的に日本人にはそういった考えが根付いています。

 

よく「バチが当たる。」といいます。

これは超常的なもの、非科学的なものを信じているから出てくる言葉です。

 

外国の方に、「私は無神論者です。」というと、あまり良い印象を与えないといいます。

それは、信じるものがないから、「極論」簡単に人でも殺すと捉えられるからです。

 

しかし、事実は違います。

 

日本人は境目が曖昧であるだけなのです。

これといった一つのものを信じているわけではなく、悪く言えば節操がないだけ。

だから、無神論だと思われてしまうわけです。

 

よくここから派生して書かれるのが、住居の話。

 

襖や障子は境目として非常に曖昧です。

部屋の区切りが明確ではありません。

 

つまり日本人の感覚は本質的に曖昧だと言えるのかもしれません。

 

「間」や「奥」といった言葉も不明瞭なものです。

 

「奥」へどうぞ。

 

「奥」とは具体的にどこを指すのか。

ものすごく曖昧です。

でもなんとなく分かる。

 

趣があるだとか、風情がある、侘び寂びなども同様です。

 

そんな日本でも、歴史的には鎖国をしたり、禁教令を出したりと、拒絶し境目をはっきりとしたことがありました。

そこは譲れなかったんでしょう。国家規模だったり、海の外に対しては。

 

これらが現代文を読む上で、参考になればと思います。

また色々なテーマを取り上げたいと思います。

 

松村でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です