個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

本番に強くなるために

コンバンハ★

桜塾のMAEDAです(・∀・)

 

今日のブログは受験本番を間近に控えているメンバーたちへ、

残りの時間を過ごすための心構えについてのお話です。

 

よく「本番に強い」「本番に弱い」という表現を聞きますが、

本当に本番に「強い」子、「弱い」子がいるのでしょうか。

毎年受験生を見ていると、そうではないように感じてきました。

 

本番に結果的に強くなる子たちというのは、共通点が2つあります。

それは、「準備力」と「開き直り」です。

 

緊張する、不安になるというのは誰でもあります。

私も過去に色々と緊張する場面がありましたが、その中でも、

被災地での取り組みの発表で、厚生労働省の役人の人たちの前で

一人プレゼンをするということがあったとき、

霞が関の駅を降りて厚労省の建物(厳重な警備)へ入り、

待合室で待っていたときの心境は今でも忘れません。

 

結果的に言うと、あまり緊張しませんでした。

道中、その日のプレゼンの内容を頭の中で3回、完璧に言えるようにしていたこと、

またどんな質問が来ても「別にこれで落ちても死ぬわけじゃない」と開き直り、

逆にお偉い人たちの前で「この取り組みを行うことがいかに素晴らしいか」を

懇々と語ってやろう、と企めるくらいに思えたからでした。

 

受験生たちも、この「準備力」「開き直り」を最後のスパートで身につけてほしいと思います。

同じ会場にいる誰よりも、少なくとも隣に座っている知らん学生よりも、自分はやった!

おそらく自分が解けない問題は他の受験生たちも解けない!

こう思えるくらいに準備をし、また開き直ることができるかどうか。

 

まだ時間はあります。

砂時計を見て、「もうこんなに砂がない」と思うのか、「まだこれだけある」と思うのか、

いずれにしても、これまでに積み重ねてきたものを強化し、それを使って戦う準備をする、

それが志望校突破の秘訣ではなかろうかと思うわけです。

 

「準備力」「開き直り」

この2つを兼ね備えるべく、今日も寝るまで全力の1日を過ごそう。

 

本日もブログにお越しいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です