個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

人と同じように振舞う

どーも!!

 

 

松村です!!

 

 

最近読んだ文章で、個と集団の話がありました。

 

とても興味深い内容でした。

 

これもよくある西洋と東洋(日本)の対比の一種なのですが、

 

日本という国、日本人という人種の一般的な傾向として、

 

「周りと同じように振舞うこと」を求める性質があります。

 

日本の教育はまとまることを良しとしています。

 

統一されている。

 

これが良いことだと。

 

当然、そうすると個性は集団に埋没してしまいます。

 

これが、いじめなどの原因だとも言われています。

 

つまり、集団に迎合できないものは、はじかれる。

 

昔からある、村八分などもそうでしょう。

 

よく昔はいじめなんかなかった、という人がいますが、

 

世界中、日本中、昔から形を変えていじめは存在していると言えます。

 

日本の学校という場所で、いじめが起こるのも、必然と言えなくはないかもしれません。

 

じゃあ仕方ないで済ます?

 

当然、そんなことはできません。

 

その文章で提案されていたことは、複数の集団にちょっとずつ属すことでした。

 

これには色々なメリットがあります。

 

一つだとそこに完全に迎合するしかないですが、複数であれば、自分が妥協するのも少しで済みます。

 

複数の集団に属すことで、より合った集団を見つける確率が高くなります。

 

対して、現実的に不可能であるとの指摘もあります。

 

そもそも基本的に日本の社会は教育でも、仕事でも一つの集団に属すことが前提です。

 

特に、教育では複数の場に属すことは、そもそも前提としていません。

 

例えば、算数はこっちのクラスで、国語はこっち、などは基本的に無理です。

 

 

もしかすると日本においては個を生かしつつ、集団に属すことは、矛盾するのかもしれません。

 

塾でも、合う合わないという話は正直良くある話です。

 

 

これからは、より個が選択をしやすい仕組みを取り入れていく。

 

それが多数になり、当たり前になれば、いじめのような集団からの排除は減っていくんじゃないかと、

 

そう思った松村でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です