個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

大阪府公立高校入試問題(国語)について

どーも!!

 

 

松村です!!

 

 

昨日の新聞に大阪府の公立高校の入試問題が掲載されましたね!

 

早速、新聞を購入して、内容を見てみました!!

 

年に1回だけですね。新聞を購入するのは…(^^;

 

 

 

では、内容について。

 

 

国語は全体的に難しく感じた生徒も多かったかもしれない。

 

 

今年は、昨年までとは少し形式に変化がありました。

 

大問の数が増えたこともありますが、

 

一番気になるのは出題内容でしょう。

 

C問題では漢文が出ていました。

 

まず出ることがない漢文…

 

とはいえ、問題自体は難しくなかったので、落ち着いて、手元にある材料で対処できた子は、出来た問題かなと思います。

 

B問題は問題自体の難易度は、そこまで高くありませんでした。

 

文法問題も、割と易しめかなと。

 

 

難しかったのは、作文!!

 

今回、難しかったのは作文でしょう。

資料がついた上に、出題文を見て、どう書こうか迷った子も多かったと思います。

 

ですので、作文で大きく差はつかないんじゃないかなというのが私の意見。

 

ただ、採点の仕方次第でどうとでもなるので、安心はできませんが。

 

 

 

トータルで見ると、難しいのかも。

 

今回は、過去問に頼り切っていた子は、戸惑ったでしょう。

そう考えると、難しくなったと言えるのかもしれません。

 

きちんと本質的に国語の力を鍛えていれば、なんてことはなかったと思います。

 

今のところ、桜塾生で手応えを聞いたところ、ある生徒は、

「国語がめっちゃできました!」

と言っていたので、今までやってたことは無駄じゃなかったなと、ちょっとだけホッとしました。笑

 

 

また、他の科目についても、解いてみて、講評というか、所感を書きたいと思います。

 

 

松村でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です