個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

好きな科目嫌いな科目

どーも!!

 

 

松村です!

 

 

 

桜塾では、入塾前の面談の際、アンケートを書いていただいています。

 

 

その中に、得意科目と苦手科目を書いていただく欄があります。

 

 

今まで見てきた経験だと、

 

男の子は、数学、理科、社会が得意または好きであり、

 

女の子は、英語、国語、社会が得意または好きであるといった傾向があるように思います。

 

そして、全体として、数学は好きな子も多ければ、嫌いな子も多い科目である。

 

 

実際に学研さんが調べたところ、

 

小学生の好きな科目、嫌いな科目1位が算数だったそうです。

 

そのランキング5位までがこちら。

 

好きな科目

1位算数

2位体育

3位図工

4位国語

5位音楽

 

嫌いな科目

1位算数

2位国語

3位体育

4位社会

5位理科

 

ここで気になるのが、やはり国語です。笑

 

 

好きな科目では4位なのに、嫌いな科目では2位。

 

それほど避けられている科目ということでしょう。

 

ある意味一番重要な科目なのに・・・

 

 

理由は様々でしょうが、

 

一番はやはり難しく感じるからだと思います。

 

テストで点数が取れないから。

 

これについては、正直テストのあり方にも問題があると思います。

 

当然、授業のあり方にもです。

 

そもそも国語の求められる範囲が広すぎることも問題です。

 

文学史、文法、そして有名作品を読み解くことで心の豊かさをなんたらかんたら・・・とまでは、国語です。

 

しかし、論理性を問われると、それはそれでそのための授業が必要なのではないでしょうか?

 

だから国語が苦手だという子どもが多いのだと思います。

 

本を読んで、何を思ったかどうかは問題ではありません。

 

それをどれだけ論理的に説明できるかが大切なわけです!

 

 

国語を評価する上で、そのあたりをちゃんと見てあげてほしいと思う松村でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です