個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

へぇ~となる数学

どーも!!

 

 

松村です!

 

 

箕面校において、

 

 

今年は例年に比べ、

 

 

高校1年・2年生の数学の質問対応をすることが多く感じます。

 

 

数学の質問対応をしている中で、「これ役に立つ?」みたいな話によくなります。

 

 

その中で、こんなんいつ使うのだろうと私もかつて思っていたもの。

 

 

それが・・・log!!

 

 

初めて習ったとき、

 

 

「いつ使うねん!」と本気で思っていました。

 

 

高校の授業も、普段の数学の先生ではなく情報の先生で、

 

 

めっちゃ怒られるし・・・とも思っていました。

 

 

 

当然、意味のないものなど、存在しないわけで、

 

 

このlog、身近なところで使われていました!

 

 

 

 

日本では良く聞く言葉「マグニチュード」

 

 

地震大国日本ではおなじみです。

 

 

震度と何が違うのかは理科のお話なので今回は置いておいて。

 

 

 

 

マグニチュード6とか7とか聞くと、

 

 

1しか違わないなら、そんなに差はないか。

 

 

と思うかもしれませんが、

 

 

実際は1ごとに約32倍違います。

 

 

 

このマグニチュードを正確な数字で表すと、

 

 

大変大きな数字になってしまう。

 

 

そこでlogの出番なわけです。

 

 

 

生きていく上で、絶対必要ではないかもしれませんが、

 

 

教養という意味でも、今やっていることが意味のないことであるはずはありません。

 

 

中学に比べ、高校数学は難しいですが、

 

 

高校1年2年生には諦めず、

 

 

理解することに挑戦してほしいと思います!!

 

 

 

松村でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です