個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

夏がやってくるぜ

 

台風接近中!

学校が休校になることも視野に入れて、

今のうちに進められる単元を進めよう!

 

S__2351151

 

来週めどに夏期講習の案内を配布していきたいと考えています。

 

桜塾の夏のテーマは毎年決まっています。

1、勉強体力

2、習慣化

この2つです。

 

1の勉強体力、これは精神力や気力、集中力とも言いかえられそうですが、

それらの意味をどれも含んでいる桜塾の造語です。

 

例えば今現在、1時間集中することが精いっぱいの子がいるとします。

この子の勉強体力は1時間しか持たない、ということですが、

この根っこには、基礎学力が大きく影響していることが多いです。

数学の計算問題でも、基礎となる四則の計算が遅いとか、

英語ではわからない単語が多くていちいち止まってしまう、とか、

基礎が弱いから精神力・気力が続かず、集中力も切れてしまう。

 

よって勉強体力をつけて長時間頑張れるようになるためには、

まずは土台となる基礎学力をつけることが必要だと考えます。

夏期講習では毎日、手帳による自己管理&先生チェックのもと、

膨大な演習量をコツコツとやってもらう時間が待っています。

 

この期間によって精神もかなり鍛えられますが

その反面、気をつけて見てあげないと脱落してしまう生徒もいます。

ゆえに講習前の面談で、ちょっとしんどいんじゃないかという生徒には、

夏期講習をお勧めしない、という場合もあります。(実際あった)

 

この期間を経て、夏を明けるころには、

長時間机に座ることがさほど苦ではなくなっているし、

1日あたりの勉強量も必然的に上がるようになっています。

 

この話と繋がるのが2つ目の習慣化。

1つのことを習慣にするのに最低100日かかると言われています。

これは完全に「やって当たり前」の状態のことで、

その前段階として、定着しつつある状態には約1カ月かかるようです。

そのタイミングがちょうど1カ月間ある夏休みだと考えています。

「当たり前のレベルを上げる」

いつも生徒たちに伝えていることですね。

 

実際、夏期講習を受けた生徒と、

夏明けから入塾した生徒では、

その伸びに大きな差があります。絶対的に。

期末テストも目前ですが、

その先に待ち受ける夏をどのように戦うか、

視野に入れながら頑張っていきたいと思いますね。

 

生徒たちが自分でそこまで考えるのは難しい、

だからご家庭と塾とで、しっかり準備を整えましょう。

 

今日もブログにお越しいただきありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です