個別指導・少人数団体 大阪市東淀川区上新庄・箕面市の学習塾なら桜塾
上新庄校・大桐校TEL: 06-6320-3919
箕面校TEL: 072-725-3919
10:00~19:00(月〜金)

受験はドラマだ

 

コンニチハ★

桜塾のMAEDAです(・∀・)

 

今日は今年度受け持った、ある大学受験生の話。

田舎の(失礼)高校生に多いのが、

「高校でそこそこの順位取ってるし、

ぶっちゃけ大学受験なんとかなるっしょ」

こんな考えの生徒です。

 

甘い。

砂糖的思考。

甘すぎる。

 

関西でいえば、国公立志望やし関関同立くらいなんとかなるやろ。

これで滑り止めで受けた立命館あたりで撃沈するパターン。

よく見てきました。

 

今日お話する生徒はまさにそんな生徒でした。

出会った頃の彼は模試で偏差値55、

志望する関東の国公立大学の判定はC。

夏が明けた時期でしたので、基礎が固まって応用へ移っていく時期…

しかし、

蓋を開けてみると、応用はおろか基礎もガタガタの状態。

「受験舐めんな」

これが出会った頃に(やんわりと)伝えた言葉でした。

 

そこから毎週の課題管理、映像授業の配信、担当講師との連携、

ようやくセンターにこぎつけ、なんとかB判定まで持っていきました。

二次試験、当初の計画であれば3教科だったのを、

受け方を変えて2教科、英語と小論文へ。

 

ここから松村Tとタッグを組んで、

10年分の過去問とテキスト2冊、

それも毎日書き直し→添削→書き直し…

おそらく英語と毎日の課題コンサルを担当した私よりも

毎日平均2~3個送られてくる小論文を添削していた松村Tが

大変だったと思います。苦笑

 

そんなラスト3週間を過ごした彼。

色々な変化を感じることがありました。

 

受験前に最後会ったとき、

「先生、一番使いこんだこのテキストに、

何かメッセージを書いていただけますか」

この言葉を聞いたとき、自分が受験生だったときのことを

思いだしました。

 

そして受験が終わって最初の連絡。

 

o0480089814138461770

 

終わったという達成感や安堵の気持ちよりも先に

周りに対しての感謝の気持ちを持てていること。

 

彼が受験を通じて得たものは、

勉強に対する姿勢のみならず、

人として大切なこと、これからの人生で必要なこと

様々だったのではないかと思います。

 

先日電話の連絡があり、

「まだ受験結果が出ていないですが、

僕にとっての先生たちとの出会いは、

これからの一生で絶対に忘れないことです。」

という感謝の気持ちを伝えてくれました。

 

受験は毎年、ドラマであると思います。

主役は自分。

どんなエンディングを迎えるにせよ、

そこに感動が生まれるかどうかは、

どれだけ本気になったか、ということでしょう。

一つの節目が終わりを迎えようとしています。

残りのメンバー、最後まで気を抜かずにハッピーエンドを迎えよう。

そのためにわれわれも、できる全てのことをやる。

 

今日もブログにお越しいただきありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です